読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swing The Bloody Plow

Gothic Americana / Underground Country / Svensk Hiphop / US Indiehiphop / ニュースと気付き

最近聴いたもの #1

最近聴いたものとか発見したものまとめです。

Elliott Brood「Work and Love」(2014)

トロントのオルタナカントリー/インディーバンドの5作目。初期3枚くらいは独特のダークさと枯れ感のあるオルタナカントリーで、そこはかとなくウエスタン調の味わいも面白かったのですが、前作でかなりストレートなインディーロック/フォークになってしまいました。新作もその延長線上にあり、前作に比べても更に潔くストレートな音になっていますが、その潔さ故か非常に良いアルバムに仕上がっています。とにかく曲のクオリティが高い。ややこのバンドにこの音を期待していたかと言われると「いや…」としか言い様がないとはいえ、元々カナディアンインディーフォークのこの手の音は好きなので、方向性は変われどもクオリティの高い新作で一安心です。貼ったのは新譜の収録曲では最も昔の雰囲気が残ってる曲ですので、気になった方は旧作(Ambassodar、Mountain Meadowsあたり)もおすすめです。ELLIOTT BROOD

 

Old Gray Mule「Have Marcy」(2014)

Mississippi Sheiksの「Old Grey Mule You Ain t What You Used to Be」を冠したであろう、テキサスの2ピースなジュークジョイントブルーズバンドの新作2枚。同時にリリースされた「Hump Night 55」の方はリミックスやライブ音源がメインになっているので割愛(でもカッコいいので聴いてね)。「Have Marcy」は「Skinny Woman」からスタートし、戦前/デルタブルースをたっぷり聴けるアルバム。この界隈の2ピースに多いトラッシュ/ガレージな要素は無く、カントリーブルースとはいえ、ソウルやファンク、ゴスペル色の強いアプローチが特徴。ボーカルギター+ドラムの2ピースながらアコーディオンやチューバなどの楽器も多いに彩りを添え、ニューオリンズ的に賑やかな音になっています。NMAほど優等生っぽくなく、それなりに品がないのも魅力ですねRL Burnside, Junior Kimbrough, T Model Fordなどのブルースマンや、ハードロック調ではないブルースロックがお好きな方にも楽しめると思いますよ。Old Gray Mule

 

Marty O'Reilly & The Old Soul Orchestra「Pray for Pain」

もしかしたら今年一番の掘り出し物かも。The Good Luck Thrift Store Outfitの対バンで知ったサンタクルーズのSSW。& The Old Soul Orchestra名義で3ピースとなります。これもまたブルース系ではあるのですが、全体的にはオールドタイム寄りの何かである、と言った方がいいですね。上に貼ったアルバムの一曲目「Dempsey」はハスキーなボーカル、ジャジーなビート、そしてフィドルと、アーリーなアメリカンミュージックを(あまりレイドバックさせず)演っていていきなりのっけからカッコいい。前半のハイライトとなる素晴らしい「Smokestack Lightning」は必聴。盛り込まれた要素を抜き出して説明しても『よくあるタイプ』としか言えない音楽ではあるのですが、演奏とアレンジのセンスの良さはずば抜けているので、その辺りの妙はぜひ聴いて確かめて頂きたく。一口にオールドタイミー寄りと言ってもThe Devil Makes ThreeやWoody Pinesのようなレイドバックしたタイプとは違い、ジャズの要素が強い一方でブルーグラスの要素がないのも特徴ですね。個人的にはDaniel Martin MooreMark Growdenのちょっとダークなブルースのエッセンスを足した感じ、といったところでしょうか。日本のルーツ系リスナーの何人がMark Growdenを知っているのかは疑問ですが…

一つ前のアルバムでは「St. James Infirmary」も。いろんなアーティストのSt.Jamesをコレクションしている私ですが、これ、好きなSt.Jamesベスト10に入れる勢いですよ。Marty O'Reilly