読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swing The Bloody Plow

Gothic Americana / Underground Country / Svensk Hiphop / US Indiehiphop / ニュースと気付き

【Snookは】いなもと、怒りの布教タイム【アイドルです】

[2016.8.16、リユニオンについてさらに追記]

 

どうも、Daniel Adams-RayOskar Linnrosというスウェーデンのポップアイコン2人が過去にはデュオとして活動していた事実の素晴らしさをお伝えしていくBBAこと、いなもとです。

今年の春あたりから、今までアイドルでしょどうせ…と思ってスルーしていた解散済みのラッパー2人組 “Snook” に素っ転びました。素っ転んだ理由はSnookがやはりアイドルだったからです。もう帰ってこない青春か…とリアルタイムで聴いていたわけではないのにノスタルジー全開で聴いておりますが、日本では驚く程知名度がなく、それ以上に解散後のソロ活動についても殆ど注目されてないので、ざっと時系列順にSnookの結成から解散後までをツイートしてみました。

 

※とはいえ、レイちゃんはインドネシア系のお母さんとスウェーデン人のお父さんのハーフで、中学に入るくらいまでケニアで過ごしたという少し複雑な出自。リノロスは母方がユダヤ系かな。

リノロスの名前のカタカナ表記については、私もちょっと困ってます。実際の発音をそのままカタカナにするのは難しい…ので、とりあえず便宜上これでよろしくお願いします。 

 

【2016/7/27追記】

www.instagram.com

なんと…なんと!5月にこの2人、リユニオンしました…!!!

キャプションには「僕らは『Är』をリリースしてからの10年、たくさんのことを学んで来たし、何も学んでなんてこなかった。だけど最良のことはまだ起こってないんだ」と。Snookが再結成したわけではなく、ずっっっっと没交渉だった2人が友達としてリユニオン(仲直りとも少し違う)したという話なんですが、口ぶりとしては再結成もありそう…?Kingsize Magへレイちゃんが出したコメントでは「ただ友達2人が写ってる写真てだけだよ。(あまり詮索しないで)尊重してね。」とのことで、あーだこーだ言う段階ではないのですが、レイちゃんがEPのリリース&夏フェスツアーを控えたタイミングでのリユニオン、テコ入れ…というか戦略的なものではないのかなーと思ったりなんだり(欲目ですね)。

www.metro.se

あと、それを受けてのAdam Tenstaの「Snook再結成して欲しいねん」っていう談話がめっちゃ良いのでこちらもぜひ。

 

【2016/8/16、更に追記】

8/13、ヨーテボリで開催された大型フェス、Way out westのレイちゃんのステージにリノロスがゲストで登場、なんと新曲を披露しました。未だに「snookとして」の公式なステートメントは発表されていませんし、ステージからもとくには言及なかったようですが、これはもう完全に再結成…!レイちゃんがSnookのさんかくマーク作ってる写真もありましたし、一応Snookとして、ということで間違いなさそうです。しかも、予告なしのゲストでありながら、既発曲ではなく新曲をぶちかましたようで、二人の間のテンションの意外な高さに動揺しています。

ネット上にはインスタグラムを中心にいくつか写真や動画があがっているので、なんとなくステージでの二人の様子はうかがえるのですが、そのラブラブっぷり(とネットの記事で証言がある)に動揺が隠しきれないわたくし………今残ってるsnookの動画で、ここまで仲よさげ且つ楽しそうな二人は見た事ないんですが??????

なんなの?ねぇこれどうしたの???活動時もこんなにイチャイチャしてたことなかったろ?

 

まぁ、一連の流れが大いなる茶番だとしても、この二人が笑顔で一緒にステージに立ってるのを見ると、本当に幸せな気持ちになります。私自身が「嬉しい!」というより、二人が嬉しそうなのでこっちも嬉しくなるという感じですが(笑)。今後のスケジュールは全く不明で、音源はまだまだ先になるかもしれないし、意外と急にドロップされるかもしれないし、アルバムになるのかEPになるのか単独ツアーはやるのかなにもわからないわけですが、追いかけるにあたってはいろいろと地獄を見そうで今からおそろしいですね……