読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swing The Bloody Plow

Gothic Americana / Underground Country / Svensk Hiphop / US Indiehiphop / ニュースと気付き

最近のリリース/聴いてるものまとめ(2016.7)

たまにはスウェーデンの最近のリリースまとめ。


Roffe Ruff – Och han älskade dom alla (Officiell trailer)

Organismenなどの音源へのゲストでちょくちょく名前を目にしていたヨーテボリの覆面ラッパーRoffe Ruff、7/15に出た新譜がかなり良かったのでヘビロテ中です。レゲエをベースとしながらも、新譜は少しSadistikやKnoなんかに近い憂鬱な雰囲気がナイスです。夏のスウェーデンの一般的なイメージが微塵も感じられない(笑)。3月は確かに割とこんな雰囲気ありましたけどね。

 


LPA - Det var en gång [Live session]

ヴァールベリの3人組。先日デビューアルバム「På Tiden」がリリースされたばかりで、イマイチ詳細わかりませんが、明確なコンセプトやシリアスな内容よりもユーモアを大事にする、というような雰囲気。まだちょっと垢抜けない感じがあるけど良いですね。

 


08. Dö cool - [FILIP WINTHER - DÖ COOL]

珍しくインディー/ローファイ系ヒップホップ。少しチープ目のトラックも、Nejnejの響きもかわいいですね…割と本人はなんというかユーチューバーです。

あとはKartellenとかAbidazの新譜を聴いたり。旧譜ですけど相変わらずセルビア系スウェディッシュのAleksがヘビロテだったり、Norlie & KKVの新譜はちょっと大人っぽくなってるなぁとか、Daniel Adams-Rayの新EPがめちゃくちゃ良くて私はもう死にそうだとか…

 

あと、最近は色々あってMalmö/Lundの某コレクティヴ周辺/MCバトル界隈/スタンダップコメディをウォッチしていますが、求められるスウェーデン語レベルが高過ぎて…そもそもレベルが0の私には大変ですし、もう何が楽しいのか自分でもよくわかりません。


Simon G & Mr Cool - The Baby Dance

この人の近辺なんですけどね。シモンは元々Far & Sonでお馴染みでしたけど、Far & Son以外の活動も向けたらちょっと面白くてですね…。相方ミスターキュールことアントンの方はものすごくどうしようもないくらい顔が好みなんですが(そこ)エマボダ出演の件といい、問題児ですねぇ…。2人ともラッパーでありスタンダップコメディアンなのですが、この曲はなんていうかコミックソング。あまりにもあまりな内容なので、ぶっ叩かれるどころかインターネットミームと化していて笑えます。笑っていると品位を問われますが……。相方の方のソロもリリックがまぁ酷い(ミソジニーラップってなんだよ…)ので、Spotifyから削除してとか吹き上がってる人も居たりして、なんだこの界隈…ってなっている今日この頃です。

 

でもこっちのおかげで更にFar & Sonにハマり直してる部分もあり、Far & Sonにハマりなおすとやっぱりフレイ好き…となるのでこの界隈って一種の永久機関なのかもしれません…

とか言ってたら唐突に新曲きた…またピザか…!!ピザ好きすぎだろ…!!!